こんにちは。

現在、ふたば塾では
恒例の ”冬の高校入試特訓会”を開催しています

以前に教材会社の人とお話させていただいた時に
当塾の教材の使い方とこの入試特訓会の内容を
聞いて
「えっ、そんな使い方をすのるのですか?
塾生も講師もハード過ぎてついてこれなくないですか?」
と絶句していました

岡山県公立高校想定模試(朝日受験組は朝日過去問と都立高校過去問)
を毎日1日5教科、試験時間を正確に設定して全力アウトプットで解いて
その日の内に塾内で採点、解き直し、解説です
その日の内に答案返却をして解き直し・解説ですから頭に残りやすいのです
このセットが毎日続くのです
予想問題とかヤマを張るとか陳腐な事をするのは時間と人手をかけない為なのです
当塾はその真逆で時間と人手をかけて履修内容をできるだけ幅広くカバーします
そして、入試直前に弱点や入試問題傾向の統計分析を行い強化問題を
塾生毎に絞り込んでいきます

箱根駅伝の箱根山の上りを毎日ダッシュで駆け上るトレーニングのようなものです
冬休み明けに模試で多くの塾生に一度自己ベストを更新してもらうためです
(過去には春・夏の模試偏差値と比較して
冬休み明け偏差値で下がった塾生は皆無です
どれだけ上がるかだけです
中には500点満点換算で100点以上、偏差値で20以上上げた強者もいました)

もちろん、これを冬休みからいきなりスタートすると
かなりキツイでしょう

当塾では毎年恒例のイベントなので、
朝日受験組は7月から公立高校一般入試組は8月から
5教科入試問題演習を用いて計画的に学習負荷を徐々に上げてきていました
ここまでは1週間で5教科入試問題を解いたところを、
学校が冬休みになったために1日で5教科になっただけですから
全然、大丈夫です

全員、本当に素晴らしい雰囲気で集中してついてきています
質問にも次々ガンガンきます
(目の前の問題を自ら解決したいと思ったこのタイミングが
一番吸収力があるので、講師陣も思わず熱が入っていまいます)
講師陣は採点時以外は何時間も座る時間がありません

このような塾内の学習の雰囲気が
これまで大人しかった塾生が人が変わったように
ハイテンションで質問にきて話すようになる事もあります

まだ序盤ですが、
既に得点率が明らかに伸びている塾生が何人かいます

”冬の高校入試特訓会” はまだまだ続きます
これから伸びる塾生も続出するでしょう

受け身授業で
「この問題はこう解きまぁーす」
「ここがポイントだから暗記してくださぁーい」
「講習会で問題演習の時間はないから家でやっておいてくださぁーい」
「これが暗記すべき単語リストですから暗記しといてくださぁーい」
で何時間も費やしていては得点率は伸びません

座って講義を聞いて勝手に頭に入ってくるのを期待する勉強法では
試験の答案は書けませんよ

今までも現在でもそうのように

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256