こんにちは

7月も終わりに差し掛かり、
夏休みも中盤に移っていきます。

中学生は
学校が休みの期間は部活等も忙しいですが、
時間的には余裕ができると思います。

この期間は学校の授業も進みませんので、
1学期の試験で期待通りの結果が
得られなかった生徒さんにとって
苦手教科・単元挽回の大チャンスとなります。

2学期が始まってしまうと
新しい履修内容を学習する事になり、
今までに理解が不十分な教科・単元克服の時間を
作ることが困難になり、積み残されて、
そのまま苦手教科・苦手単元になって
受験期まで引っ張ります。

将来、
公立高校受験や国立大学受験を
視野に入れている生徒さんにとって
5教科の学習を大きな穴を作る事なく、
学習する事から逃げるのは不可能です。

とは言え、
苦手教科・単元に自ら向かい合い、
克服する事は容易なものではありません。

当塾にも
1学期の試験結果に危機感を持ち、
夏休み苦手教科・単元の集中的な受講の
申し込みも多くなってきました。

学習に対して
特に意識の高い生徒さんや保護者様は
当塾の1対1個別指導を(少人数と併用も含めて)
最初から希望されて
来られる割合が増えてきています。

申し込みが多い教科は
英語・数学そして理科です。

これらの教科は学校で授業を受けて
課題を行うだけでは高得点がなかなか取れません。
解法パターン暗記学習法から概念理解を前提とした
体系的な学習を要求されています。

特に中1生はこの夏休みの段階では
履修内容が少ないので、

学習法の改善でまだまだ逆転できます。

できるだけ早く中学で好成績を取るための
教科別の学習時間配分と学習強度を
身に着ける事が成績向上へのアプローチとなります。

今回の試験結果は様子見では
まず、改善する事はありませんし、
悪化する可能性の方が高いでしょう。

早め早め(時には先手)の試験事後策が傷口が小さい為に
修正が容易で負担が少なくなります。

当塾では大人数授業では困難な
概念理解を前提とした体系的な学習を
一人一人に目の行き届く
少人数指導や1対1個別指導・演習指導を通じて
毎日行っております。

そのために
試験が終わって結果を返却されたタイミングで
他塾からの転塾者が増えてきます。

多くの方にお問い合わせいただいて感謝しておりますが、
現在、高校生は新規募集を停止していています。
(中学時からの継続者で定員が埋まっている状態です)

小中生も学年によっては定員に近づいていますので、
新規入塾を停止するかもしれません。
ご検討の方は早めにお問い合わせ頂けましたら幸いです。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256