こんにちは。

ふたば塾では
間もなく、恒例の中3生高校入試特訓を
スタートします。
(教科によっては他塾との併用も可能です)

色々な都道府県の5教科の公立高校入試過去問用いて
他塾では類を見ない程の演習→解説→解き直しを
これでもかと言うくらいに様々な問題の種類と問題量で
公立高校の入試前日まで行います。

例年、この入試特訓に真面目に取り組み
皆勤に近い塾生達の冬模試の志望校合格判定は
C→A、D→Bくらいになります。
中には最初の合否判定がEから公立高校合格を
執念でつかみ取った強者もいます。
過去の合格者の声を御覧ください。
2022年合格者の声
2021年合格者の声
2020年合格者の声
2019年合格者の声
2018年合格者の声

塾生の保護者様には
上のお子様が集団塾で講習会、特訓会、暗記会等に
言われるがまま参加してほとんど成績が伸びなくて
当塾の高校入試特訓にも最初はあまり期待せずに
お子様を参加させてみて
その成果に大変驚かれる方も少なくありません。

それでは
当塾の入試特訓は一体何が違うのでしょうか?
主に2点あります。
1.少人数クラスであること
2.解答の朗読会でなく、
問題演習が中心であること
です。

少人数クラスであれば、
講師は一人一人の塾生にしっかりと目が行き届きます。
問題解説時にその一人一人の表情や鉛筆の動きを観察すれば、
その理解度は一目瞭然です。

さらに講師が授業時間内に少人数クラスの中で
頻繁に周辺知識も含めて質問をして答えさせるので、
授業時間内に塾生は頭を休めている時間はありません。

授業は入試問題演習をベースに解説を行いますので、
アウトプット中心の考える学習になります。
少人数クラスの利点である塾生への目の行き届きにより、
講師が理解度不足と判断した教科や単元は
個別に教科別や単元別の追加問題演習や無料補講で
学習時間配分や学習強度を塾生に応じたカスタマイズを行い
徹底的に苦手教科・単元を潰して5教科合計得点の底上げを狙います。

目的は明確で
できなかった入試問題を一つでも多く次回以降にできるようにする事と
できなかった問題に対して最も多くの時間をその問題演習と解説に費やすためです
この部分が集団塾には存在していないのです。

これは画一的な授業を延々と集団で受講していてはできないアプローチです。
既にできる問題にも他のできない人の為に時間を使い、
理解度が不足して解けない問題の演習や解説時間が
不足してしまっていては成績が伸びるはずがありません。
(傍目に見れば学習時間が確保されているようですが、
中身が全く異なっているのです。)
集団塾では塾生一人一人の学習カスタマイズは行わないのです。

教科別の
高校入試問題対策としては
数学と理科は大問毎に単元別の知識を利用する問題が比較的多く、
得意単元、苦手単元が自分でも判別しやすいと思います。

しかし、過去問の解答・解説が不親切すぎる為
特に苦手単元については丁寧な解説の追加と
できるだけ多くの類題演習を必須としています。

数学と理科は単元別類題を塾内に豊富に準備していますので、
類題を探す事に困る事なく弱点単元を集中的に克服まで
問題演習をしっかり行うことができます。

国語・英語・社会は
問題がハッキリ単元別になっていない為、
成績が伸びない時に
「どうやって勉強したら良いのか?」と
困っている生徒さんも多いと思います。

この3教科の教科指導と学習法のアドバイスは
当塾の少人数指導や個別指導が最適解になると思います。
一人一人の現状の学習分析と改善に第三者の観察眼を必要とします。

塾生一人一人の学習状態を講師が
リアルタイムで把握し改善点を抽出して
それを解決するための具体的な問題演習を与えています。
さらに塾生と講師とのやりとりを通じて
問題から知識の汎用に展開させていきます。

これらの3教科は解答・解説を読んでも
その問題と解くための観点については書かれていますが、
多くの場合汎用性のある知識への展開は紹介されていません。
過去問と同じ問題は恐らく二度と出題されないので
汎用性のある知識への展開無しで
解答を暗記してもその意味は薄いと思います。

それ故に
過去問演習会や入試対策講座を受講しても
「どのように目の前の問題を次回以降に出題される異なる問題に
適応させるのか?」
を考えなければ、
合格判定は決して改善しません。

さらに近年の入試問題では「表現力」の観点から
記述問題(英作文や作文を含む)が増加し、
配点も年々高まっています。
特に朝日の独自入試では顕著です。

どの教科も個別の添削指導無しで、
記述問題の学習効果は期待できません。

集団授業で講師が
「この記述問題(英作文)の模範解答はこうでぇ~す」
と解説しても
模範解答と同じ記述を書くのは不可能に近いでしょう
典型的な勉強をやったつもりです。

当塾では個別に5教科において答案添削指導を常時行っています。
少人数指導だからこそ提供できるサポートです。

入試日程は決まっています。
入試日から逆算した5教科の学習計画(時間と強度)
と進捗チェックが合格発表の日の明暗をハッキリ分けます。

ちなみに当塾では
学習成果に時間を要する
英語の入試問題演習(朝日独自入試も)リスニングを含めて
既に無料補講でスタートして得点率を上げてきています。

まだまだ読解スピードが足りないので、
ドンドン演習を進めて試験時間が余るように仕上げていく予定です。
残りの教科もこれからリードタイムに余裕を持って
学習強度を上げていきます。

塾生の中には講師のアドバイスに基づいて
苦手教科・単元を潰す学習を既にスタートしている生徒も
たくさんいます。

集団塾では伸びにくい
朝日独自入試の国語や英語の演習・解説は特に充実しています。
(もちろん数学も)

模範解答の朗読講義を長時間聴いても
恐らく自力で解けるようにはなりません。

是非、得点率で確認してみて下さい。
入学定員が削減されているので、目標得点率は独自入試70%
理科・社会90%でしょうか?

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256