こんにちは。

前回ブログで書いたように当塾では
塾生の試験結果報告を素点や学年順位だけでなく、
度数分布から概算標準偏差を算出して
各塾の教科別偏差値を計算して指導方針の改善・修正を
行っています。

今回のブログでは
1学期期末試験の結果分析(本日までの集計)から
当塾での学習成果を示唆するデータを紹介したいと思います。

以下に受講生数の多い数学と英語の
中1~中3の平均偏差値は

数学
58.8

英語
59.0

でした。

他教科でも同様の分析を行っています。

当塾の違いがあるとすれば、
このような偏差値分析を塾生一人一人の教科別の推移も追跡して
定期試験後の学習時間配分や学習強度のアドバイスに役立てています。
(素点は試験毎の平均点や標準偏差が変動するために
客観的な修正点が見えにくくなってしまう為に素点を偏差値に換算しています)

”わかりやすい授業”と”試験で得点できる授業”は別物

また
定期試験は模試と異なり試験範囲の単元が限定されていますので、
偏差値推移を追跡することにより、
教科の中でも得意単元・不得意単元を
より明確で客観的に見つけ出す事ができます。
教科別、単元毎の偏差値の凸凹を早期に把握して、
その後のフォーローに繋げております。

素点や学年順位だけではわからない修正点を
毎回の模試や定期試験後に演習指導により
細かく潰していきます。

このサポートを塾内で行うのが
当塾の特徴の一つです。

例え、
学年順位で1位、2位と取ってくる塾生にも先々の進路も考えて、
更に学習到達度レベルを高める為のアドバイスを提供し続けています。
これを日々の演習指導を通じて何度もアドバイスを行い、
習慣化しています。

このように具体的なアプローチが
5教科の各単元にレベルまで目の行き届いた
本当に塾生一人一人に寄り添った学習指導が
可能になると考えております。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256