こんにちは。

昨日、何人かの中3塾生達に
自己診断テストの手応えを聞いてみました。

「全体的に思っていたより簡単だったが、
記述の部分がどんな採点になるかわからいので
自己採点は正確にはできない」
いう塾生もいましたが、
一方、
「英語の長文が難しかった。
試験時間が足りなくて最後の方の問題が
丁寧に解くことができなかった」
とう言う塾生も何人かいました。

現在、中3生の授業では英文法中心で
長文読解は4月中旬からスタートしていました。

入試問題を使った比較的簡単な長文読解で
スタートしていましたが、
楽勝で時間を余らせている塾生もいましたし、
手こずっている塾生もいました。

まだ、答案は返却されていませんが、
手応えのヒアリングから
各塾生の結果はある程度、予想がつきます。

次回以降の自己診断テストや模試を睨んで
熟達度別の教材で
精読(輪読)を速読のサーキットトレーニングを
計画しています。

県立高校一般入試受験予定組は
他府県の公立一般入試過去問を使い、
朝日独自入試受験予定組は
朝日独自入試過去問を使いさらに
できるだけ早い段階で東京都立高校の独自問題に
ドンドン挑戦する予定です。
(リスニング対策も行います)

どちらのグループも
少人数で精読(輪読)と時間制限を切った速読を
文法の授業とは別の時間に毎週行う予定です。

塾生自身の頭を使ってしっかり脳に汗をかいて学習し、
周辺知識や文法を含めて講師が解説を行い、知識を面に仕上げます。
講師の解説を受け身で聞く中心の授業では点の知識になり、
実力は伸びません
(自己診断テストや模試偏差値の伸びで確認して下さい)

このアプローチで当塾では過去に何度も成功しています。
英語偏差値急伸
合格者の声1
合格者の声2

今秋~冬頃には
何人かの塾生達はハッキリ目に見える結果を
出すと思います。

惰性だけで学習していては
結果は変わりません。

一人一人の塾生の生の声にリアルタイムで耳を傾けて
臨機応変にサポート体制を強化していきます。

これが小規模塾の強みです。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256