こんにちは。

今年度から中学英語の
履修単語数が非常に増えています。
小学生時の既習英単語を含めると
膨大です。

現在の中学生達は英語に苦戦している
もしくは
諦めてしまって英語から逃避している生徒さんが多いようです。

試験で正確な文法とスペルで
書くためには相当の学習時間を確保する必要があります。
授業を1回聞いて課題を提出するだけでは
高得点を期待するのは難しいでしょう。

しかも履修内容も増えているために
一度、躓いてしまうと自力で立て直すことが
難しくなっています。

近年の試験ではリスニングの比率が
高まってきているとは言え、
大部分は文法、読解、英作文です。
これらは書いて学習する事が王道です。

英語の試験で得点できない主な原因は
書く学習時間が不足しているのです。
スペルミスはケアレスミスではありません。
覚えるまで書く学習ができていない為です。
この覚えるまで最も重要なのです。
これが生徒によってバラつきが大きいのです。
その到達度は試験の得点で評価できます。

当塾では書く学習を塾生達に推奨し、
その具体的な方法を塾内で演習指導を行っています。
覚えるまでを目標にしています。

英会話はリスニング強化には有効です。
英会話の指導は躊躇することなく、
気持ち良くたくさん喋ることを目的としているので、
細かい文法ミスは指摘しません。
さらに
会話だけは正確なスペルは身につきません。

学習時間の配分を目的によって
使い分けましょう。

小6生の皆さん、
中学の学習準備として
英語のみならず、
是非、書く学習の練習を始めましょう。
最初で出遅れてしまうと取り戻すのに
非常に大きな労力を必要とします。

現在の中学生達で
書く学習の習慣がない生徒さんは
試験で高得点が取れません。
覚えるまでの学習ができていないからです。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256