こんにちは。

現在小学校6年生の皆さん、
中学入学準備は始めていますか?
中学受験をする生徒さんは目前の受験勉強に全力投球ですね。
中学受験をしない生徒さんは中学入学準備をスタートする良いタイミングです。

小6のこの時期から
小学校の復習で履修内容を確実に理解する事と
中学校の先取り学習をうまく行うことが
中学・高校の学習成果に繋がると言っても過言でありません。

今回のブログでは小学校の復習のポイントについて
書きたいと思います。

まず国語ですが、
漢字の読み書きを完璧にマスターすることは絶対必要です。
文章を読むためにこれができないと学習することが困難になります。
そして、短文で構わないので主語と述語を明確にして文のねじれのない文章
書く練習をしましょう。
中学になると、国語では自分の意見に理由をつけて
読む人に説得力を持たせて
述べる作文を書く機会も多くなります。
国語以外の教科でも手順や現象に理由をつけて記述する問題も多くなってきます。
小学校のうちに文章を書くトレーニングを始めましょう。

次に算数です。
算数は算を早く正確にできるようにしましょう。
計算は国語の漢字と同じでこれができないと数学はできません。
早く正確にも重要です。時間がかかりすぎると、
授業のスピードについていけなくなるので、しっかりトレーニングしましょう。
特に要注意の単元は
分数の計算、割合(速さ、濃度、損益計算等)、図形の面積・体積
です。
これらは中学・高校でより高度な学習を行いますので、
小学校履修内容で躓いてしまうと数学が苦手になってしまうキッカケになる単元の代表です。

最後に英語です。
現在、小学校では英語は正規の教科として導入され、
単語数で600~700語を履修することになっています。
中学校では小学校で履修した文法と単語は完璧に読み書きができる事を
前提として新たにより難易度の高い文法や英単語を学習することになります。
特に書く学習で正確なスペルで正確な文法を使って文を書けるようにしましょう。
書く学習が不足していると、せっかく何年も英会話を習っていても中学卒業時には
しっかり逆転されてしまいます。

これらの復習を終えて、

出来るだけ早いタイミングで
中学内容の先取り学習に取り掛かりましょう。
入学直後は、オリエンテーション、部活や新しい友人関係の構築等で
落ち着かない日々を過ごすことになりますので、できるだけ学習貯金を
作っておく事が得策となります。

ふたば塾では
これらの小学校の復習を
講師一人に生徒一人の1対1のつきっきりの個別
書く学習を中心にして確実な定着を目指して指導を行っています。
書く学習習慣を身に着けることで、
中学でも学習がスムーズにスタートできることを目的としています。

1対1個別指導ですので、
他人を家の中に入れる気遣い無く、
個別ブースで家庭教師に指導してもらうイメージです。
移動の交通費もかからないので、
家庭教師よりも対費用効果が優れています。

小学校の学習とは全く異なり中学校では多くの生徒の場合、
学校から与えられた課題をこなすだけでは
定期試験で高得点を取ることはできません。
課題を完成させた後に、書く学習を行うことでより理解が深くなり、
試験で高得点を取ることができます。

早めに良い学習習慣を身に着けて
良い内申点を狙って取りにいきましょう。

※参照
内申点について
内申点upコースについて

少しの心がけの違いで大きな結果の差が生まれてしまいます。
既に中学校の競争は始まっています

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256