こんにちは。

今年の中学生の
課題の難易度がすべての教科で上がっているように感じます。
適切な学習法で学習時間を十分に確保しないと差が大きくなりそうです。

中1の問題でも難化しているので、
小学生時から5教科において適切な学習法で
しっかりした学習習慣を身に着けていなければ、
大変です。

ところで
また硫酸と水酸化バリウムの中和反応
前回とは違う問題を違う塾生が持ってきました。
昨年までは塩酸と水酸化ナトリウムの組合せがほとんどでしたが、
今春の公立高校入試の正答率の反省からでしょうか?
中学校の先生たちの強い意志を感じます。

先日、
中1の数学の課題中の問題で、
「考える過程も含めて答えなさい」の記述タイプの問題が
多数ありました。

ある中学生が式の羅列だけで答えて
最後の答えが合っていれば、〇をつけていたので、
「最後の答えが合っていても
これでは問題に対して答えていませんよ。
あなたの答えをそのまま音読して
他の人に聞かせてごらん。
何を説明しているのかわからないよ」
と言って、
日本語の説明を付け加えて答えることを
考える過程を含めて答える事と指導しました。

これは題意を読み取れていなくて、
作問者の意図を汲み取れず、自分の答えたいように
自分本位に自由気ままに答えてしまうために
このような回答になってしまうのです。

数学の問題のみならず、
相手の答えて欲しい内容、期待している内容を予測して
(題意を読み取る能力)
それにピンポイントで答えるのが、模範解答です。

目的は題意を読み取り、採点者を納得させることが正解とされるのです。
題意を無視して、解答欄を埋めるこが目的ではありません。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256