こんにちは。

今週はノーベル賞受賞者の発表が始まりましたね。

早速、昨日
真鍋淑郎先生がノーベル物理学賞を受賞されました。
おめでとうございます。
地球科学分野では初めてだそうです。

恐らく、真鍋先生も含めて
誰も予想していなかったのではないでしょうか?

ノーベル賞は2002年に化学賞を受賞した
島津製作所の田中耕一氏のように
予想していなかったような受賞者が出るので
ワクワクします。
田中氏については受賞会見中に奥様から携帯電話が
かかってきたシーンを懐かしく思い出しました。

真鍋先生はアメリカ在住で
愛媛県の現在の四国中央市の御出身で
一見、岡山とは全くゆかりがなさそうに見えますが、
実はあるんですよ。

しかも、当塾の近くに。

既にメディア等の報道で
御存知の方も多いと思いますが、
当塾近くのホテルの外壁に

真鍋先生の気象に関する方程式が
デザインとして用いられています。

真鍋先生は地球温暖化を
数理モデルで解明・予測研究成果で
今回、ノーベル賞を受賞されました。

現在の日常生活には
このような数理モデルが多く応用されています。

真鍋先生のように気象分野では
天気予報、
気温や湿度などの気象データを使って
商品や仕入れのコントール、
為替変動、金利変動や株価の予測、
出生率・死亡率、人口変動からの生命保険料の計算
消費者の購買行動予測、交通渋滞予測、
コロナウイルスの感染者数予測、
スーパーコンピュータのマスクによる飛沫拡散
シュミレーションも

数理モデルによるものです。

世の中のいたるところで
数理モデルが活用されています。

ちなみに
前回のブログ
ものすごーく単純な数理モデルの一種です。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256