こんにちは。

小学生の英語教科化の影響からか
最近の生徒さんや保護者様の
英語会話や英語教育熱を肌で感じます。

当塾でも英語を指導の軸足にして、
多くの時間を費やし、
使える英語の習得を目指しております。

ふたば塾での
”使える英語” とは
高校受験・大学受験の英語は当然として
そこに留まらず、
英語での論文等の文章にの読み書きができ、
日系企業の英語のできるぽい人や日系企業の海外駐在員レベルで満足せず、
グローバル企業内でのビズネス会話や
文章の読み書きができることを指しています。

留学(それは一つの学習手段)、
海外旅行や遊学、
外国人の友人を作ることなどの
趣味やカルチャースクールの目的とは
少し違います。

ところで、
当塾にも英語専門塾とのダブルスクールで
通塾する塾生や
転塾される塾生が少なからずおります。

確かに彼ら彼女らは
英語の聞き取りの耳は良いです。
会話表現の定型文は良く知っています。

全員ではありませんが、
英語に関しては
論理的な文章の読み書きが苦手な傾向が
見受けられることがあります。
少し具体的に言えば、科学的な文章です。

さらに他教科に目を向けると
数学と理科が苦手な生徒が多いようです。
特に理科。

どうして
このような傾向があるのかわかりませんが・・・

英語専門塾の先生方が
「英語さえ勉強しとけば、
数学や理科なんて受験科目にない大学が
たくさんあるから大丈夫。これからはグロバールの時代なので、
英語は必要とされる人材になれる。
数学や理科は
実生活で役に立たないし・・・
必要性を感じない
大体、物理や化学なんてさっぱりわかないし教科書も見たくもない」
とか言って
ミスリードは流石にしていないと思いますが・・・

最近の英語読解にはAIやデータサイエンスなどの
ような科学的な文章もよく見られますので
理系科目もしっかり学習して背景が頭に入っていれば、
理解度が格段に上がります。

付け加えれば、
英語を使って自らのアイディアや見解を
世界に発信しているのは
アカデミックでもビジネスでも
医学・自然科学・工業などの理系分野が
文学・芸術・社会科学などの文系分野と比べると
圧倒的に多いのです。

もちろんそれらの数だけでその価値を決めることは
できませんが、客観的な目安の一つです。

ここで、伝えたいのは
英語を武器にするならば、
数学や理科の勉強も同じくらいに
労力を惜しまないで学習して
欲しいということです。

基本的には学習時間と学習成果は
比例関係です。
時間を費やせば、成果が上がるのは当然です。
成果が上がらないのは学習時間が不足しているのです。

特に中高生時代は豊かな才能の可能性を
狭めることなく、幅広く学びを継続して欲しいのです。

それが、将来のチャンスを広げることに
なります。
だからこそ、5教科を苦手科目でも諦めずに
学び続けることのできるサポートを続けるのです。

当塾では、
英語指導は最重要としております。

現在、講師陣も
女性講師数と男性講師数がちょうど1:1
文系専攻:理系専攻講師もほぼ半々
大学院生や県立進学高校を歴任・退職された講師など
多様性に富んでおります。

このような多様な価値観を持った講師陣の指導で
英語も含めた5教科すべてを
伸ばしてみませんか?

学習は高校受験や大学受験で終わりではありません。
大学や大学院、社会人になっても続くのです。

”斃れてのち已む”
です。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256