こんにちは。

前回は休校期間中における高校生への
当塾の対応についてお話させていただきました。

学校が長期休業になって不安を感じているのは
中学生も同じようでして、
この期間中は中学生の保護者さまからも
多くのご相談やご要望をいただきました。

当塾の中学生コースでは
学校の授業の補完を意識した指導を行っています。

『少人数ゼミコース』の講義では、
学校の授業進度よりも
少し先の内容を先取りして指導します。

そうすることで、
学校での授業理解がスムーズに進み、
予習・復習も効率よくできるようにしています。

また、学校から指示された課題も短時間で終わらせることができ、
その結果生じた余剰時間を
他教科の学習に費やせるようにもなります。

特に今年は学校の休校期間が長く、
再開後の授業では板書すべき内容をプリントで配るなど、
例年と比べると超ハイスピードで授業が進んでいるようです。

学校でも、できることは可能な限り行っているようですが、
「各人の理解が追い付かない部分は
御家庭や学校外の塾等で補って下さい」
というスタンスのようです。
これは中三受験生を中心に要注意です。

さて、ブログタイトルの『学校での学習の補完』についてですが、
先取り学習以外にも、

ふたば塾では以下の2点の特徴的な補完的学習を提供しています。

1. 自己診断テストや模試の対策指導、解き直し・問題解説

2. 国語や理科・社会科の既習範囲の復習・定着と高校入試対策

まず一つ目ですが、

現状において、中学校では自己診断テストや模試についての
サポートはほとんど行っていないようです。
しかし、当塾では塾生のリクエストに応じて
これらの試験の対策、解き直し・問題解説を随時行っています。

以前のブログでも書いたことがありますが、
自己診断テストや模試は定期試験と比べると
実際の高校入試により近い形式の問題が出題されます。
だからこそ、これらの解き直しや問題解説が重要な意味を持ちます。

もし仮に、
テストを受けたら受けっぱなし、
復習もせずに放置したままにしておくのならば、
間違えた問題は次回以降のテストでもかなりの高確率で
間違い続けることになります。

ということは、
理解の修正や記憶の追加がないので、
本番の入試でも同じ過ちを繰り返す可能性が・・・

そのような致命的な失敗を本番でしないためにも、
当塾では早期から実戦を意識した指導を念入りに行っています。
そして同時に、時間配分や手を付ける問題の優先順位など、
入試に必要な勝負勘も養っていきます。

二つ目は国語・理科・社会科のサポートが充実していることです。
当塾では数学・英語の教科指導に力を入れるのは当然として、
国語・理科・社会科の指導にも多くの時間を費やしています。

国語では文章読解のテクニックや記述問題の書き方、
理科・社会科では既習範囲(中3ならば、中1・中2時の履修内容)の
復習・定着と入試問題演習などを、

平日のステップアップ学習に加え、
今年度は4月から
土曜日午後にも特別講座を開講し、
手厚く高校入試準備をサポートしています。

ここで、当塾の過去の合格者の得点を追跡してみると、
一つ興味深い傾向に気がつきます。

それは、
この理科と社会科の得点力が
入試の合否を大きく左右しているということです。

合格安全圏にいる受験生は別として、
大部分の受験生は合否のボーダーライン上で団子状態、
最後までしのぎを削り合っています。

この一帯では、
最終的にはわずか数点の違いが明暗を分けることになります。
(高校入試では一科目70点満点ですので、1点の重みは尚更のことです)

その『わずか数点』を確実に取りに行く際、
理科と社会科の得点力がモノをいうのです。
英数国の主要三教科は年度により難易度にばらつきがあるため、
いくら得意な人でも、取りこぼすということはあり得ます。

理科と社会科は、
例年、難易度は一定しており、
類題も繰り返し出題される傾向にあります。
つまり、理科と社会科は、
『勉強したらしただけ得点に結びつきやすい科目』ともいえます。

学校も、どの塾も、英国数の主要三教科の指導にはかなり力を入れますが、
その一方で、
理科と社会科の二教科は扱いが小さいのが一般的です。
”ここに勝機ありです。”

当塾では英数国はもちろんのこと
理科と社会科も重視しています。
だからこそ、
合否を分けるボーダーライン上でもがいている受験生を最終的には、
合格側へと押し込むことができるのです。

実際、過去には、この理科・社会の講座で得点を伸ばし、
初回受験の模試E判定から大逆転合格を果たした塾生もいます。

既存の塾で伸び悩んでいる生徒さんや保護者さまがいらっしゃいましたら、
ぜひ、一度、ふたば塾をご検討ください。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256