こんにちは。

今日のテーマは
タイトルの通りです。

小学校の学習は
全科目(国語・算数・英語・理科・社会)の中で
算数の分数・割合・三角定規・空間図形の
概念がしっかり理解できていて、
問題をスラスラ解く事が重要です。

これらの概念があやふやなままは
その先の中学・高校での
学習で簡単に行き詰ってしまいます。

これらの単元学習がベースになって
中学校の数学や理科・社会の
利益計算・速さ・濃度・密度・体積・展開図・
図形の照明・三平方の定理・人口密度・消費税などの問題で
非常に多く応用しなければなりません。

中学校では
これらの単元を小学校時に
理解していることを前提に
ドンドン授業が進んでいきます。

当塾では
講師1人が塾生1人につきっきりで
しっかり確実に
算数のこれらの単元の問題を
塾生自身に問題を何度も図(線分図)に
書かせて学習させます。
計算作業だけではなく
概念を理解させるためです。
そのため
講師1人に塾生1人の指導を行っているのです。

これらの単元は
講師の説明を聞いて
あとは宿題では
多くの人は理解があやふやなままで
終わり、中学・高校で
大変苦労することになります。

小学校の学習で
全科目(国語・算数・英語・理科・社会)で
ほかの単元は後に取り戻すことが可能ですが、
分数・割合・三角定規・空間図形は
小学生の間に概念を理解していなければ、
取り戻すことは困難です。

できていない人は
真剣な対策をお勧めします。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256