こんにちは。

今回のブログは
前回ブログに引き続きで
他塾から当塾へ転塾して
学習のアプローチは変えて
成功した例を紹介します。

Aさんのケース
某大手学習塾ブランチ校に通っていたが、
学校の定期試験では学年30位前後で
自己診断テストではさらに学年順位を
下げてしまう状態で伸び悩んでいました。
集団授業を受けて特段わからない箇所も
なく、宿題も真面目にやっていました。
しかしながら
30位前後の壁を破ることができずに
やる気を失いかけていました。

当塾に転塾して、教科指導はもちろん
宿題や問題演習の
やり方、答え合わせのやり方、
わからない問題の処理のやり方、
教科、単元別の勉強をするタイミングや
5教科の学習効率を考えた
時間の費やし方を指導した結果、
定期試験・自己診断テスト共に
学年3位まで伸ばしています。

Bさんのケース
某大手学習塾で最上位クラスに在籍していました。
数学・英語は通っていた塾の指導も手厚く、
問題演習も基礎~応用・発展まで豊富にこなしていました。
しかしながら
理科が苦手で5教科総合得点が伸びませんでした。
特に物理・化学分野の計算問題はお手上げ状態でした。
大手塾では数学・英語の指導の手厚さと比べると
理科・社会・国語の指導はお粗末なところもあるようです。

公立高校一般入試は5教科の学科試験なので、
数学・英語が90点でも理科が50点では
普通科上位校は・・・になってしまます。

大手集団塾では決められた授業スケジュールを
淡々と進めていきますので、
一度、遅れてしまうと
あとは自学で取り戻すしかありません。

当塾に転塾して理科の個別指導で
苦手分野だけに集中的に時間と労力を
費やして、理科の県模試偏差値で
50→64まで伸ばしています。

他にも多くの事例がありますので、
また次の機会に紹介します。

現中1・中2生は
先日、学校で自己診断テストを受けて
結果が返却されていると思います。

得点の目安になりますが、
5教科合計得点で
岡山朝日高校なら    450点前後
岡山操山・城東高校なら 430点前後
岡山芳泉・一宮高校なら 410点前後
になるでしょう。
自己診断テストの得点です。
定期試験の得点は全く当てはまりません

英語のみに時間と労力を
極端に費やしていては
自己診断テストで450点以上
取れる人は多くないでしょう。

志望校の得点目安を
大幅に下回るようであれば、
早急の対策が必要となります。

何も手を打たなければ、
結果は同じ
もしくは
悪化します。
(結果を見て対策を行う人も
いるので、相対的に悪化するのです。)

中1・中2生の3学期の履修内容は
中1数学は
平面図形・空間図形・資料の読み取り
中1英語は
過去形(時制の変化)
中1理科は
地震・地層(柱状図)など

中2数学は
図形の証明・確率
中2英語は
比較級・最上級・受け身
中2理科は
電流・電圧・磁力(電磁誘導)など

重要単元(高校入試頻出単元)ばかりです。
なおかつ
学校もしくは塾で授業を受けて
出された課題をこなすだけでは
高得点を獲得するのは困難な単元になります。
効率的なプラスαの学習が必要になります。

当塾では個別指導と少人数指導で
教科指導を行い、
問題演習は自宅での宿題にせずに
講師の目の行き届く塾内で行います。

このようにすることで、
塾生はわからない問題を質問しやすくなり、
講師は塾生の学習状況を把握して
アドバイスを与えやすくなります。

そして、来塾して学習することで
日々の学習習慣が身についていき、
必然的に学習時間が増えてきます。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256