こんにちは。

3学期が始まり、
中3生達は
もうすぐ私立高校入試を皮切りに
公立高校特別入試、一般入試と
続きます。

そんな中、
当塾では塾生対象に
特別入試の口頭試問対策にも
対応しております。

特別入試受験予定者には
受験予定高校に合わせて
約15~20問程度の想定質問に対する
各自の答えを原稿を書かせて
それを丁寧に添削した後に
面接練習を何度も繰り返し
面接官とのやり取りを
無茶振り質問も含めて
身に着けていきます。

特別入試は競争倍率が
約2~4倍くらいになりますので、
熾烈な競争になります。
昨年までの当塾での
公立高校特別入試合格率は約75%です。

特別入試では
志望理由ひとつを考えても
他の受験者と比べて
どうしても志望する学校に入りたい
という理由が面接官に対して
強くアピールできなければ、
面接で他の人より高い得点を
取ることはできません。

例えば
志望理由を尋ねられた際に
理数科で理科が好きだから
実験が好きだから
とか
普通科国際教養分野で英語が好きだから
グロバールに活躍したい
英検〇級

さらに残念な例、

中学時代に頑張った事は?
「部活動を頑張りました。○○大会で・・・」

高校に入って力を入れたい事は
「勉強(部活動)を頑張りたいです。」

でしょうか。

面接官目線で言えば
「まあ、そうでしょうね。前の受験者も
同じような事を言ってたよ。
もう少し言い方に工夫とかないのかな?
他の受験生と比べての自分の言葉としての
アピールはないの?
特別入試ならではの折角のチャンスなのに・・・

何人も何人も判でついた様な
同じような答えばかり聞いていると
誰の答えだっかのか
わからなくなりそうですね。」

となってしまいます。

少なくとも志望理由は
予め準備できるのできるので、
ありきたりの答えでは
準備していないのと
あまり変わりません。

当塾では
塾生に草案を作成させて
色々な知恵やテクニックを
授けています。

特別入試まであと1ヵ月なので
今日も早い時間から
草案の練り直しと面接練習を
繰り返しでします。
もちろん、筆記試験の勉強も。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256