こんにちは。

多くの塾生達が2学期の期末試験が
間近に迫り、その準備の熱量が
上ってきました。

連日、自転車置き場が一杯です。

中3生たちは高校入試の内申書に
記入される大切な材料となる事を
承知しているので、本当に真剣モードです。

それに比べると
中1, 中2生達の試験準備は
少しのんびりしていると思います。

特に中1生は自分自身の試験準備の手順や
試験日から逆算してのスケジュール管理を
確立していない人が多いようです。

ここからの履修内容は難易度が高くなり、
分量もドンドン増えてきますので、
早め早めの対策が必須となります。

中学受験や英会話等で先取り学習していた人も
そろそろ、その貯金が尽きてくるのも
今頃になってきます。

高校入試を見据えた場合、
中学のできるだけ早い時期に
定期試験、自己診断テスト、模試で
思うように得点できる勉強法を
身に着ける事ができれば
その後の学習効率を飛躍的に
上げることができます。

中1、中2のみなさんは
定期試験、自己診断テスト、模試での
学年順位や偏差値の伸びで
現在の勉強法を客観的に
確認することができます。

今までのやり方で良いのか?
科目別の時間配分は今のままで
良いのか?

などを
試験結果と照らし合わせながら
検証する必要があります。

公立高校受験を目指すならば、
5教科をバランス良く得点することが
最重要となります。

そして
5教科の総合得点を最も伸ばす方法は
苦手科目の底上げが一番効果的です。

苦手科目克服の対策を始める
タイミングが早ければ早いほど
その成果も大きくなります。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256