こんにちは。

今日は秋分の日で
段々と晴れてきましたね。

空気が秋の空気に入れ替わり
少し涼しくなってきました。

先週の土曜日も
中3塾生たちは
国語・理科。社会の入試問題演習と
解説を行い、
学習や知識の穴がある単元につていは
補習・再確認プリントを渡しました。

ふたば塾では
国語・理科・社会の入試問題演習は
土曜日に行っていますが、
数学と英語については
通常の少人数ゼミや1対1個別指導の
前に事前に問題を解かせ、
授業時間内の一部を使い解説を行っています。

数学は入門問題の大問を1~2問
英語は長文読解の大問を1問づつ
毎回授業内で解説を行います。

この入試問題演習は入試問題を解いて答え合わせをして
解説を聞くだけでなく、
その演習の出来・不出来や理解度を講師が授業を通して
把握し、理解度が入試問題レベルに達していない箇所に
ついてはその場で追加の確認プリントを渡して
穴を埋めていきます。

その時点での学習の穴を少しづつ埋めて
網の目を段々と小さくしていく
イメージです。

間違えた問題や理解度が不足している問題は
解説を聞くだけでは
次に同じような問題が出てきても
出来ない可能性が高いのです。

当塾では間違えた問題について
次に同じような問題に
遭遇した際にどうすれば、
正答を書くことができるかを
塾生たちに意識させながら
講義を行っております。

少人数クラスですので、
一人一人の正解した問題、間違えた問題を
講師がしっかりと確認しながら
授業を進めていくことになります。

1クラスの人数が10人以上になると
一人一人の演習の回答内容を把握することが
困難になり、
塾生が理解できようができまいが
関係なく授業を淡々を進めることになります。

結果として
できなかった問題のフォローが
可能な人にとっては有効な講義になりますが、
恐らく、クラスの約半数くらいはいるであろう
授業に出席して解説を聞いているだけの人にとっては
授業に出席していること自体が目的であり、ゴールになって
しまい、肝心の成績は・・・・となってしまいがちです。

岡山朝日高校の独自入試問題を含めた
公立高校入試問題に手こずっている人、
現在、塾等で入試問題演習講座に参加しているが、
手応えを感じることができていない人、
家で自学で入試問題を解き進めていく自信がない人、
一度、お気軽に御相談ください。

基本知識が身についていれば、
学習の取り組み方次第で
解ける問題は確実に増えますし、
飛躍的に成績を伸ばすことも可能になります。

学校や塾の授業を聞くだけ、
板書をノートに綺麗にまとめるだけ
間違えた問題の解答を写すだけ、
教科書や参考書内容を書き写すだけ、
の学習法が非効率だと気付き
一刻も早く抜け出すことが、
最も大切なことです。

これらは
傍目にみると
熱心に勉強しているように
見えるので本当に曲者です。
内容を伴っているかどうかを
誰かがチェックする必要があります。

入試問題ができるようになる
手応えを感じることがないまま
惰性で同じやり方を続けることは
危険なアプローチになります。

定期試験で5教科450点取ることができても
3月の入試でそのレベルの問題を
解くことができなけば、合格はできません。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256