こんにちは。

今日は夏休み最初の日曜日で
ふたば塾のお休みです。

リフレッシュをかねて
岡山市内の書店に行ってブラブラ本を
物色していたのでですが、
いつの間にか教育・学習関係コーナーに・・笑

これって
ワーカーホリック??(昭和世代の死語ですかね)

教材研究やどうやったらもっと理解しやすく
指導できるか考えながら読み込んで、
岡山市内の書店数件をハシゴして
全国高校入試問題集19-20年度版を含めて
小中高生の指導の役に立ちそうな
本を購入しました。

夏休み最初の日曜日なので
親子で問題集や参考書を選んでいる姿に
出くわしました。
子供が
”この本は図や写真がたくさんあって
色もたくさんあってわかりやすそう。
これなら苦手な算数(数学)も
夏休みでなんとかなりそう”
保護者様
”しゃあ、このシリーズで
全科目買っといたら”

のやり取りを聞いて心の中で
”待って待って、一読してわかりやすいと言うのは
見開きのページの答えを書き写すだけの
パターンが多いので、勉強風の時間は稼げても
結果は期待できないので、
こっちの方がこういう理由で良くないですか?”
と言いそうになりましたが、
それでは不審者になってしまうので、
やり取りを聞き流すだけにしました。

と同時に歯がゆい思いもありました。
今は情報も教材も塾もインターネットを
含めて物凄い数があります。

その中で、本当に有益なものを
選び出すのは本当に難しいのです。

自分自身の学習の成功体験と失敗体験
自分の子供の成功体験と失敗体験など
自分自身のその時々の大きな喜びや喪失感が
なければ、それを語るのは・・・・
と思います。

そのような実体験がなく、紙に書かれたもので
色々とアドバイスしているのは、どうなんでしょうか?

過去のデータが・・・だけでは
塾生は人ではなく、物ですよね?

ふたば塾はおかげ様で全くの無名にも関わらず、
そのような実体験に基ずく、リアルなサポートで
卒塾生・現塾生・保護者様・お知り合いの
紹介や口コミだけで多くのお問合せをいただいております。

そのため
保護者様の方々から頂いた
貴重な受講料は
TVCMやチラシなどの広告宣伝費用・
合格体験記用の特待生費用などはゼロで
できるだけ塾生たちのサポートに
役に立つようにと毎日
進化できるようにと考えております。

ふたば塾の
第一のモチベーションは
塾生・保護者様・当塾で
喜びを分かち合うことです。

その一点に収束させるには
どうすれば良いか?

昨日より今日がbetterにするには
今どうすれば良いか?

常に頭を使っています。

なぜなら、
無名の個人塾ですので
塾生がいなくなったら終わりです。

他人のまわしで相撲するのとは、
次元が違うほど
真剣度が違います。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256