こんにちは。

今日は自己診断テスト&県模試対策を
行っています。

早い時間から中3生達が
続々とやって来てそれぞれの範囲表を
確認しながら5教科の不安のある単元を
一つ一つ基礎事項を確認して
演習問題に取り組んでいます。

今日も理科の
講座を何度か行いました。

物体に働く浮力の作図

ばねばかりに吊るした物体を
水に沈めていく問題
(どこからの距離を示しているか
の確認)

銅が酸素と結びつく時の
反応とその質量計算(過不足のある場合を含む)

質量保存の法則を使った
計算問題(過不足のある場合を含む)

オームの法則と電力・熱量の計算

電流が磁界から受ける力を
フレミングの左手の法則を使わずに
考える方法

数学では

関数の囲まれた面積の計算や
囲まれた面積の2等分や2:1に
分ける直線の求め方
(等積変形を含む)

など

やはり1・2年次で履修した内容が
あやふやになっているケースが多いようです。

ここで、もう一度頭に入れ直して
実力のベースラインを引き上げておきましょう。

理科のみではなく
他の教科もあやふやになっている単元を
ブラッシュアップして高校入試の受験勉強に
備えましょう。

ふたば塾では
自己診断テスト&県模試対策会と
称しておりますが、

塾生達には

”この機会に勉強したことが
自己診断テストや県模試に出題されて
良い点が取れれば、それはそれで素晴らしいことです。

しかしながら、
もし勉強した内容が今回の試験に
出題されなくても

全く無駄にはならない。

君たちの最終目標は高校入試であって
自己診断テストや県模試は通過点に過ぎない。

それを考えれば今の勉強は
必ず役に立つし、実力のベースラインを
引き上げる”

と檄を飛ばしています。

大切なことは
どんなに忙しい中でも
一日、30分、1時間でも継続的に
何とか使える時間を捻出して
今の自分にできる最高の準備をして
試験に臨むことです。

自己診断テストや県模試は
範囲が広いもしくは、ハッキリわからないので
準備の勉強をしない。

部活や習い事の試合や練習で
時間がない・疲れたので勉強しない
では
試合放棄になってしまいます。

せっかくの機会を利用しないで
勉強しない人は
おそらく普段も勉強しません。

今は部活に専念して
部活を引退してから本気で勉強する????
それでは部活を引退したから放課後やる事がないので
暇つぶし・時間つぶし感覚ですね。

残念ながら
それでは、ほぼ雌雄は決しています。

ふたば塾では
どんなに部活等が忙しくても
塾生達に塾内での学習の機会を設けて
教科の内容指導はもちろん、
各教科の勉強法や的の絞り方まで
塾生に合わせてアドバイスを行っています。

使える時間を有効に使いましょう。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256