こんにちは。

今、多くの中3生たちは
理科でイオンを学習していると思います。
(中学校によっては運動とエネルギーや遺伝を
学習している学校もあるようです。)

このイオン分野は毎年中学生が苦戦します。

中学校よっては
周期表も暗記させませんし、
中学の履修内容にはボーアの原子モデルは
あまり説明しません。

この学習条件で
陽イオン、陰イオンのでき方や
どの原子が何価の何イオンになるかを
理屈で説明するのは難しいものが
あります。

学校では
とにかく、暗記しろ
らしいです。

これでは、理科や化学に興味を持ち
好きになる生徒は中々増えないでしょう。

今回、このイオン分野が自己診断テストの範囲ですし、
来月にある1学期の期末テストには
ガッツリ出題されますので、
時間をかけて説明して基礎~発展問題まで
演習を行いました。

今回の対策は
電解質と非電解質

原子の成り立ちと原子モデル

イオンのでき方と考え方

電離と電離式

塩酸の電気分解で
起こる各電極の現象とその化学式

塩化銅の電気分解で
起こる各電極の現象とその化学式

イオン化傾向

ボルタ電池(Zn-Cu)の各電極で起こる
現象とイオン式、その電子の動きと電流

ボルタ電池の電圧を大きくする条件

電池(Al-Cu)での各電極で起こる現象と
イオン式、その電子の動きと電流

備長炭・食塩水・アルミ箔での
モデルの説明

電気分解と電池の違い

すこし、高校化学履修内容も交えながら
丁寧に時間をかけて説明しました。

特に各電池の部分は
説明を行って、白紙の紙に
モデルと起こる現象・イオン式、
電子の動き、電流の向き等を
すべて書けるるようにしました。

一度、説明を聞いただけでは
理解しずらい分野ですので、
自己診断テスト・県模試、1学期期末試験までに
繰り返し解説を聞いて・問題演習を行い
しっかり定着させましょう。

イオンはこの後も
酸・アルカリと中和で
塩酸と水酸化ナトリウムの中和での
量的計算とイオン量の変化

さらに難解な
硫酸と水酸化バリウムの中和での
量的計算とイオン量の変化
が続きます。

現在、履修しているイオンの初歩が完璧に
理解できていなければ、中和はお手上げに
なってしまいます。

余裕をもって学習を進めていけば、
難しい分野でも
確実にレベルアップできます。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256