こんにちは。

今日は英語ついてのお話です。

近年、巷では学生・社会人問わず英語の学習熱が
大変高まっています。

2020年度からの大学入学共通テストの
4技能(読む、聞く、書く、話す)の導入、
大学や社会人のTOEIC, 英検、
高入試や大学入試で英語が入試科目にない学校は
ほとんどありません。

特に英会話は、
近年の企業のグローバル化で英会話ができないと大変なことになる。
私(わが子)も英会話を身につけないといけない。
と考える人も少なくないでしょう。

確かにそうです。英語力は身につけるべきです。
全く異論はありません。

英語4技能を習得すると国際公用語として使われている
英語に関する膨大な情報に触れることができるからです。

ふたば塾でも英語学習の指導には
力を注いでいます。

ここで問題にしたいのは
将来を考えた時の優先順位です。

もし、英語学習の最終目的が
英検〇級を取ること、
入試に合格すること、
海外旅行に行って、英語でショッピングをしたい
であってその先の目的がないのであれば
英語学習の優先順位が1番で構わないでしょう。

もしその先の目的が
自分の得意の英語を生かしてグローバルな環境で
活躍したいのであれば、事情が変わってきます。

英語だけでは、その価値はあまり高くありません。

私は以前に某外資企業に勤めていました。
当然のことながら、日常的に海外の技術者や
取引業者とメールや会議で英語を使って
やり取りしていました。

年に1度くらい自分の所属部署で
本国のCEOやCTOの前で
現在のプロジェクトの進捗状況を説明する機会がありました。

念ため一度、通訳の方をお願いしていたのですが、
その方はさすがに英語の流暢さは我々とは比べものに
ならないほど秀逸でした。

それで、通訳の方が役に立ったのかというと
はっきり言って役に立ちませんでした。

通訳の方は技術用語やそのバックグラウンドが
理解できなかったので、あらかじめレジュメや資料を
渡して下読みをお願いしていても話についてこれなかったのです。
質疑応答にいたっては全くのお手上げ状態でした。

当たり前のことですが技術的な基礎知識がないので、
理解できなかったのです。

以降、通訳をお願いすることはありませんでした。

これは20年以上前のお話ですので、
昨今の英語教育環境の充実から
現在では優秀な人は自分の専門知識を持ちながら
英語を日常的に難なく使っています。
英語の通訳をお願いする機会はあまりないでしょう。

この経験から言いたいのは、
コミュニケーションは流暢に話すことでなく、
自分の考えを伝えること。です。

英語はコミュニケーションツールであり、
重要なことは英語使って何を伝えるかです。
その伝える内容を学び、磨く必要があるのです。

英語を磨きながら
自分の武器となる他分野の見識を磨くのです。

伝える内容が貧弱であれば、
せっかく習得した秀逸な英語力の価値も高まることは
ありません。
アメリカ人やイギリス人の小学生と変わりありません。

英語を武器にすることがオブジェクティブであることを
理解できれば、英語以外の自分の強みを作ることの
重要性を容易に理解できると思います。

別の例を紹介しましょう。

私は、たまに新入社員の採用に関わる仕事を
お手伝いすることがありました。

その中で海外留学経験のアピールの多いこと。

“文化を学習する目的でA国に〇ヵ月(△年)留学しました。
現地の学校に通い、多くの現地の友人もでき視野が広がりました。
コミュニケーション力を磨き高めることができ、
異文化を知ることで日本文化のへの興味と理解も深まりました。”
とか

“語学力を生かして世界の多くの国を貧乏旅行をして
自分の目で現地を見て、生の海外を自分の肌身で感じて
異文化の中でコミュニケーション力に
磨きをかけました”
とか
定番の帰国子女アピール
いう類のものです。

この手のアピールが
マニュアル本に書かれていたのかと思うくらいに
何度も何度も繰り返されます。

これでは学校のカリキュラムに組み込また留学プログラムに参加したか、
留学経験があれば英語を勉強した箔がついて見栄えが良いので、
行きました。

と伝わってしまいます。

どういう経緯でA国の文化を学習したいと思ったのか?
なぜ、〇ヵ月(△年)必要だったのか?
その期間で目的は達成できたのか?
文化を学習する目的であれば、
目的を達成できたと判断できる客観的な指標は?
など
質問して議論が深まるかどうかが
重要です。

重要なのは
OGSM(Objective, Goal, Strategy, Measrure)
のすべてです。
留学はStrategy,の一部分にすぎません。

OGSMを深めるのです・
深まらないようであれば、
留学を計画する段階で
本人のイニシアティブとオブジェクティブが
明確になっていなかったのです。

留学そのものがオブジェクティブになっていて
内容にあまり関心がないのです。
長期の海外旅行感覚ですね。

このあたりの質疑のやり取りは
本気で英語を
武器にグローバルに仕事したいと
考えている人とは
10人が見て10人が明らかに分かる程違います。

さらに言えば、
採用担当者が知りたいこと聞きたいこと

究極の質問の
”その経験が将来、
この会社に入って何の貢献ができるの?
もしくは
なんの貢献ができる可能性があるの?”

に質問者が100%納得できるような
他の応募者より優れた
明確な理由を含めた答えを
準備するのは当然として
他の応募者が何をアピールして
自分はどう差別化するかを予測して
アピールする能力
(これがコミュニケーション力の重要要素の一つ)
がないのであれば、
英語より先にそちらを勉強する必要があります。

最後に
英語を勉強することは
重要です。

しかし、英語だけではその価値は
最大化されることはありません。

それ故に
ふたば塾では5教科すべてを
強力にサポートするのです。

意外に思うかも知れませんが、
英語力を強力に伸ばすには
国語の論説文読解力が重要なキーワードに
なります。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256