こんにちは。

昨日と本日は
大学入試センター試験ですね。

数年前に
このセンター試験に
前年の岡山朝日高校の
国語独自入試問題と
全く同じ出典で問題が出題されていたのを
知っていましたか?
(勿論、出典箇所や設問は違います。)

これはどういうことでしょうか?

想像するに
岡山朝日高校の先生方は
高校入学時には国語は
大学入試センター試験が解ける読解力を
期待してるというメッセージに他なりません。

中学生でも
センター入試の国語の
論説文や物語文は解くことができます。
マーク式の回答形式ですが、
独自入試対策にも使えないことはないでしょう。

問題は学習の方法です。

国語の場合は
日ごろから読書量が多く、
特別な勉強をしなくても
感性?のみでも
そこそこ得点できる人も少なくありません。

例えば、岡山県公立高校の
国語の共通問題はそんな塾生が多い気がします。

ところが、
岡山朝日高校の国語の独自入試問題は
文章の難易度が共通問題と比べると
各段に高いです。

読解のロジックなしで、
自分の読書の感性だけで回答すると
共通問題のような得点はとても無理です。

問題を解いてみて
〇✖をつけて解説を読むだけでは
なかなか得点を伸ばすのは難しいでしょう。

なぜ、そのような正解を導けるのかを
他人に説明できなければ、
感性で回答している可能性が高いです。

そのような人は
文章の好き嫌いがあって
問題文によっての得点の波が大きいです。

ふたば塾の国語の学習では
共通問題、独自問題にかかわらず、
読解のロジックを解説し、
記述問題については一人一人に
記述のポイントを指導しています。
このようにすることで、
どんな文章でも対応できる力を
備えることを目指しています。

国語は短期間では目に見える成果を
上げにくい教科です。(定期試験は全く別物です。)
国語に不安がある人や
岡山朝日高校の独自入試を受験予定の人は
早めの対策のスタートをお薦めします。

ここからは余談ですが、
国語の論理的な読解力をつけていないと
高校に入学してからは国語だけの問題でなくなります。

英語に確実に影響します。
特に岡山朝日高校を進学先として
考えている人。

高校入学後は
岡山朝日高校の国語の入試問題レベルの文章
もしくは、それ以上に難解な文章を
英語で読み、それについて英語で論述することになります。

時には英文の和訳を読んでも頭に入ってこないような文章も
あります。

どんなに英語に自信があっても
充分な国語の読解力や論理展開力が備わっていなければ、
刃が立ちません。

ですから
国語を感性だけで解くのではなく、
読解ロジックを身につけて
難解な文章でも文意がとれるように
なることが重要です。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256