こんにちは。

ほとんどの中3生たちは
8月末の大会が終わると部活動を
引退します。

その後、文化祭・体育祭等のイベントがありますが、
いよいよ本格的な受験勉強に突入です。

受験する学校を具体的に決めていく時期になります。

岡山県の公立高校入試の場合
内申点(調査書)+学力試験の得点で合否判定がされます。

内申点は1年~3年2学期までの副教科も含む全教科の評点で
計算されます。

これは学校の先生に聞いたり、インターネットで調べれば
計算方法が載っているので自分で計算できると思います。

問題は学力試験が志望校の合格ラインに到達できるかの
アドバイスです。

定期試験の得点は内申点には大きく影響しますが、
志望校を決める際の材料にはあまり役に立ちません。
なぜなら、

中学校の定期試験の問題と高校入試の問題の質が
異なるからです。

そのため、
中学校では高校入試問題を意識して作られた
自己診断テストを行っていますが、
これにも問題があります。
そのテストの得点や答案は返却されます。

見ることができるのは
素点、学校内平均点、学校内順位くらいでしょうか。

ところが他校でも同様の自己診断テストが
同じようなタイミングで行われているにもかかわらず、
受験者全体の中での偏差値等の他校の受験生との比較データは
生徒や御家庭には開示されません。

情報公開をこれだけ言われている中で
生徒の進路選択に重要な情報を
開示しないのは違和感を感じますが。

これでは学科試験(学力)を考えて
志望校をきめろというのは、少し無理筋ではないでしょうか?

受験校を決める時に近所の〇〇さんが去年、
自己診断テストで△△△点くらいで××高校に合格したから
うちの子も同じような点だからxx高校にした
のような話もあります。

高校入試は色々な違う中学校の生徒たちが
限られた合格の椅子を争うのですから。

試験前に志望校が同じライバルの中での
大体の自分の立ち位置を知らないで、
受験するのは羅針盤なしで航海に出るようなものです。

しかも
進路指導を行う先生によっては同じ成績でも
”今の成績では難しいですね。志望校変更を検討したほうがいいですね”
”頑張れば、届きます。”
もしくはもっと中立的に
”頑張って下さい。応援しています” とか
くらい違うのです。
それらのアドバイスの裏付けする具体的・客観的データを提示しないで。

ある学校の先生はからは
正確な合否予想を聞きたいならば、
塾の先生の聞きなさいというアドバイスを
受けた生徒もいました。

これで志望校を決めているのが現状です。

内申点がオール5でも
公立高校が不合格もあるのです。

ふたば塾では
岡山県模試を進路指導に利用しています。
この県模試は岡山県公立高校に入試問題を
意識して作成されており、
受験当日の学科試験の得点予想に有効です。

精度の高い志望校の合格確率なども返却されて
本人とが御家庭が
ブレのない客観的数値データで
志望校の客観的判断が可能になっています。

塾ではデータの読み方や
私学の併願パターンや私学各コースの合否確率まで
塾生や保護者様に解説しております。

この8月末にも
県模試があり、ふたば塾生たちも
挑戦します。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256