こんにちは。

今日で5月も最終日ですね。

中間試験のあった中高生は
答案返却がされていると思います。
結果はどうでしたか?

高一生で
普通科進学校に通っている生徒たちは
高校の学習内容の難易度と分量に戸惑っている人も
多いのではないでしょうか?

今までに見たことのない得点や順位を
返却されて冷や汗が流れていませんか?

当たり前のことですが、
普通科進学校には学力試験で選抜された
一定水準以上の学力の生徒しかいませんので、
競争は中学時代とは全く違います。

その競争の中で
中学時代と同じような学習方法を続けていると
悲惨な結果になっている生徒も少なくありません。

特に引っかかりやすい科目は

高一生で

数学、英語、古文、漢文

高二、三生で
上記科目プラス

物理、化学
(昔は本チャン物理、化学と呼んでいました)
(物理基礎、化学基礎でないやつです)
あたりでしょうか?

定期試験や模試で良い結果の出せる
自分の勉強方法を見失ってしまうと、
大変です。苦手科目一直線です。

上記の科目が苦手になり、
入試科目に使えなくなると進路選択の幅が
一気に狭くなってしまいます。

ふたば塾では高校生講座も充実していて
数学、英語、古文、漢文
物理、化学も
生徒のレベルに合わせて
1対1個別指導します。

1対1個別のなので
塾生に合わせた教科指導や
学習方法やそのコツを丁寧に
伝授します。
塾生の学習コンシェルジュです。

特に高一生は
まだ、履修範囲は非常に少ないので
今から対策すれば、大丈夫です。

今なら応急処置程度ですが、
ほったらかしにしていると
手遅れになりますよ。

対策は早ければ早いほど
効果が期待できます。

やり方を変えなければ、
絶対に結果は変わりません。

悪い結果を甘受し続けていては
成長はありません。
今、置かれている環境を
自分の成長に使っていきましょう。

心当たりがある方は
是非、お問合せ下さい。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256