こんにちは。

ふたば塾の
冬の入試徹底演習では国語もしっかり
入試演習を行っています。

国語演習では
80字から100字程度の作文と
古典(漢文・古文)の現代文併記の問題の
出来具合があまりよくなかったので、集中的に時間を
使って解説→演習→添削・解説を行いました。

作文については講師が
問題の条件と照らし合わせての文章の骨格の
作り方と接続語の有効な使い方を個別に指導すると
見違えるように改善しました。

このアドバイスを元に中盤~終盤の入試徹底演習で
何度も何度も異なった題材でドンドン書いてみて
自分のものとして定着させましょう。

古典は岡山県公立高校の共通入試問題では、
現代文による解説が付属する「現古融合問題」として
出題される傾向があります。

古典に苦手意識のある生徒でも、
古典本文と解説文を照合しながら
読むことで正しい理解ができるよう、
ふたば塾では繰り返し指導しています。

高校に入学した後、古典で躓く生徒がいますが、
これは、中学時代に
「古典」イコール「難解な単語の羅列」であって、
「複雑な文法を習得していないと理解できない」
という誤解をしてしまったことに基づくものです。

古典は決して難しくありません。
英語など外国とは違い、もともとが日本語なのですから、
聞いたことない単語でもその語源を理解することで
現代の生活につながる新たな発見があるのです。

ふたば塾では、
その発見を通じて知的好奇心の養成に
寄与できればと考えています。

目先の高校受験だけではなく、
高校進学後の学習も視野に入れた古典の指導、
これこそが当塾の神髄なのです。

国立大学を目指す人は、文系・理系を問わず
ほとんどの大学で古典の選択は必須です。
「古典を本格的に学ぶのは高校からでいい」などと
思っていては手遅れになるかもしれません。

理系科目だけでなく、文系科目にも強いふたば塾、
あなもぜひ体験してみてください。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256