こんにちは。

今日はクリスマスイブですね。

昨日の土曜日は
中3生の少人数クラスで
公立高校入試の古典(古文・漢文)対策を行いました。

個別指導塾で古典(古文・漢文)対策を
行っているところはあまりないのではないでしょうか?


講師たちが塾生の反応を見ながら
一人一人の塾生に対して

とうしたら試験でもっと得点できるか。
どうしたらもっと効率的に学習できるか。

常に考え臨機応変に全力でサポートしています。

岡山県の公立高校入試では古典(古文・漢文)は
現代語訳や解説文(鑑賞文)と一緒に
出題されるされることが多いです。

現代文併記の問題ですが、
古典(古文・漢文)の基礎知識が必要で
”現代仮名使い”、”主語の掌握”、”書き下し文・返り点”
などの出題が多いようです。

土曜日のクラスでは
実際に岡山県の入試過去問の古典部分を用いて
演習→解説→解き直し→演習を
集中して行いました。

最初に岡山朝日高校独自問題の古典の過去問を
演習・解説してから
岡山県公立高校の入試過去問を
演習・解説を行い、2つの古典の入試過去問
を学習しました。

あまり馴染みのないすこし難しい問題でも
最初に自分の頭で考え、自分自身の解答を
作ってから解説を聞くと
頭に残りやすいと思います。
その後に類題演習と解説を行うことによって
問題文の読み方に慣れてくるでしょう。

講師から
岡山県公立高校入試の古典の問題は
例年通りであれば、問題そのものは
難しくないので、基礎を知識を身につけて
出題形式に慣れておけば、
高得点が狙えるということでした。
是非、狙っていきましょう。

古文だけでなく漢文(漢詩)が出題される
年もあるので、両方とも学習が必要です。

ふたば塾は昨日の土曜日までが年内の通常授業でした。

中3生たちは
期末試験が終わったその日から
昨日までステップアップ学習
ほぼ毎日数時間、
5教科の
全国公立高校入試の
1問1問式問題と
比較的易しい大問を
演習してきましたので、ある程度
基礎知識は頭に入っていると思います。
参照:中3生たちの日本一周旅行(北海道から沖縄まで)

明日、25日月曜日の朝10:00~から冬の講習会が
スタートです。

中3生は入試問題徹底演習特訓です。
岡山県公立高校の入試問題を参考して
作成した模擬試験スタイルの問題を
使い解答時間を設定して演習します。

この機会に
岡山県公立高校入試問題の
出題スタイルにしっかり慣れてもらいます。
同時に試験の時間配分もチェックします。

入試問題は定期試験の問題とは異なり
問題文が長いので、問題文の読みこなし
(解答に必要な情報の取捨選択)
が非常に重要です。

入試問題演習が十分でないと
知識は持っているのにもかかわらず、
問題文が読みこなせていないために
解答できないケースがよくあります。

演習特訓の間、
5教科を何度も違った問題で
演習→解説→類題演習→解説を
繰り返します。
入試問題を朝から晩まで
9日間(ひょっとしたら10日間かも?)
解きまくってもらいます。

演習特訓の間、どれくくらいの
問題演習量がこなせるか
限界に挑戦してもらいます。

演習特訓では教科指導だけでなく
細かい受験テクニックも伝授していきます。
この機会に自分で使えそうなものは
入試問題演習で何度か試してみて、
一つでも得られるものがあれば
と考えています。

冬の講習会では
面接指導も行います。
既に原稿を何度か添削していますので、
良い指導の機会になると思います。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256