こんにちは。

 

ふたば塾の近くにお住いの方で
中学受験(受検)をされている主な学校は
岡山大学附属中学・県立岡山操山中学あたり
が多いでしょうか?

岡山大学附属中学の入試は

国語・算数・理科・社会・作文
面接+グループディスカッション です。

科目数が多く入試内容の難易度も
高いので、周到な受験準備が必要となります。
国語や社会は
一般的に塾では

あまり多くの時間を費やして学習していないので、
御家庭での学習サポートが合否の
ポイントとなりそうです。

作文やグループディスカッションも
ライバルとの比較で優れていなければ、
合格点は厳しいものとなるでしょう。
これらも各御家庭でのサポートが
重要となるでしょう。

中高一貫校ではないので、入学後は
すぐに 高校進学の準備が必要です。

例年、約100名が岡山朝日高校に進学しているので、
レベルは非常に高いものとなっています。

宿題や課題として授業で習った内容に
関連した調査レポートや
文章を書かせることが多く、
資料を読んだり、論文を書いたりするのが
得意でない生徒は負担が大きいです。

 

定期試験は科目によっては
中学生にとってはかなり挑戦的な問題が
出題されます。
自分のできる問題を
確実に解くことができるようする学習が
必要です。

 

 

県立岡山操山中学の入試は

適性検査I (理系)・適性検査II(文系)・面接 です。
これは県立大安寺中等教育学校や
他の県立中(天城中や津山中)
も同じ試験科目です。

適性検査I(理系)は算数・理科の知識を中心に使う問題、
適性検査II(文系)は国語の読解と記述問題・社会の
資料の読み取りとその記述問題、

で構成されていて

小学校の履修内容は完璧に理解していることを
前提としています。
知識だけでなく、
他人(採点者)に理解できるように説明(解答)する
能力を問われます。

問題の形式が日頃小学校で扱っている試験とは
異なるので、問題文の読み方、知識の組み立て方、
解答の仕方の訓練が必要になります。
一問一答タイプの問題を解いているだけでは
太刀打ちできません。

岡山操山中学は
中高一貫校なので、高校受験はなく高校に進学できます。

岡山操山中学の特色の一つに
未来航路プロジェクトがあります。
一人一人の生徒が自分で研究テーマをを
決めて、学年の最後でレポートを作成したり、
発表する探求学習です。
ここでもやはり読む能力と書く能力が備わっていないと
苦労することになります。

定期試験は難易度は岡山大学附属中ほどは
ないのですが、問題数が非常に多く
しっかりした試験勉強をしていないと
高得点を期待するのは厳しいです。

また、すべての生徒が
県立中の中学受験を突破していますので、
レベルの高い生徒が多く
試験の得点率も高いものとなっています。

この2校の入試傾向と中学での
学習内容の特徴を照らし合わせると

全ての科目について

文章を読む能力(考えや概念を理解する能力)

書く能力(理路整然と説明する能力)

を養うことを受験生たちに
メッセージとして与えているような
気がします。

ふたば塾では他の塾ではあまり

時間を費やしていないような
国語の読解・作文・社会の記述なども含めて
算数・理科の指導も生徒の必要性に応じて
個別指導・演習指導少人数指導
組み合わせサポートします。

ステップアップ学習をオプションで
付ければ、学習時間の確保も万全です。

中学受験準備は早ければ早いほど
学習戦略が立てやすく、できる対策は多くなります。

興味のある方は
是非お問合せ下さい。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256