こんにちは。

11月も中旬を過ぎて
定期試験週間に入ってきた学校もあります。
朝晩は外は寒いですが、ふたば塾の中は塾生たちの
熱気で熱いです。


今回は勉強で最も重要なことについて。

ちゃんと勉強しているのに、成績が上がらない。
本人よりも保護者様が心配されている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
原因は何だと思いますか?

先生の質・塾・使う教材・学習環境・・・・
これらの理由は当てはまるケースもあるかもしれませんが、
ふたば塾ではそれらは最も重要なものとは考えていません。

最も重要なのは勉強時間です。

成績が上がらない理由はズバリ
”勉強時間が足りていない”
からです。

定期試験の範囲の勉強を十分に理解して
得点できるようにするには
早い生徒で2週間くらいかかります。
とにかく勉強時間が必要です。

いや、ちゃんと勉強していると言う方がいるかもしれません。
確かに机に向かっている時間はあるのでしょう。
しかし、そのすべてが正味の勉強になっていれば、
成績は上がっています。

机の向かって座って教科書を開いて眺めているだけとか、
試験範囲が発表になってから提出課題に取りかかり
間に合わない部分は答えを写しているのは
時間潰しもしくは作業に過ぎません。
その作業の成果が成績の結果なのです。

絶対勉強時間量 × 勉強効率

これが最も重要です。
勉強効率というのは効率よく勉強して
勉強時間を短くすることではありません。
同じ勉強時間でより多くの量をこなすことです。
中でも理解の定着演習に多くの時間を
費やすべきです。

頭と手をしかっり動かして勉強するのです。

学校や塾の授業を一度聞いて
すべてを
理解して試験問題を
スラスラ解ける人は
多くはいないと思います。

ふたば塾では試験でできるようにするために
勉強時間の中で定着演習を最重要視して学習します。

勉強の重要な部分を一人一人の塾生に合わせて
勉強時間、勉強の効率的なやり方、
”何を” ”いつ” ”どれだけ” やるべきかを

出来るだけ具体的に丁寧に指導しています。

塾に行っているのに思うように成績が伸びないのは
講義を聞いて少しばかりの演習を行い、
理解が不十分なまま次の単元へ・・・
宿題は出ているのでしょうが、やっつけ仕事では
定着演習量が決定的に足りていないのです。

教科書や参考書を使わずに
完答できるようになるまで
繰り返し
演習をやっていますか
これをやろうとすれば、当然のことながら
多くの勉強時間が必要です。

換言すれば、
すべての試験結果の得点、偏差値、順位は
勉強に費やした時間と正相関の
関係であると言って良いでしょう。
他の人と比べて得点、偏差値や順位が低いのは
人と比べて絶対勉強量が少ないのです。

結果を変えたいならば、
やり方を変えるしかないです。

行動が早ければ早いほどやれる対策は
多くなり、成果も期待できます。

先日、小学生の保護者様から
勉強に対して積極的になり自ら進んで
塾の自習に行くようになった。

とか

学校の先生から目に見えて
算数の理解がよくなっていると言われ本人の
モチベーションが上がっている。

と大変励みになる御報告をいただいております。

絶対勉強時間量 × 勉強効率 
の指導成果ですね。
これを改善すると処理能力やモチベーションにも好影響を
及ぼして色々なことが好循環のサイクルに入っていきます。

最近は連日、
塾生たちの授業や自習などで
ブースが遅くまで満席近く埋まって
熱心に勉強してしている塾生たちの頭から
まるで湯気が立っているようです。
美しい光景です。

今週末からは恒例の
定期テスト対策パックです
既にミニ講座のリクエストもいくつか
もらっています。自分が自信がない部分を
何度でも講義を受けたり、類題演習を行ったり
是非、ふたば塾をたくさん利用してください。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256