こんにちは。

”5教科すべてに強い個別指導のふたば塾”と
アピールしているにもかかわらず、
社会の勉強についてあまり書いていませんでした。
ということで、今日は社会科の勉強法について。
これは小中高生共通です。

社会は歴史・地理・公民共に基本的には暗記科目です。
基本事項や重要語句を覚えていないと話になりません。
この部分は学校で使っている副教材とプリントもしくは1つの問題集を繰り返して
解いて全問正解するまで繰り返します

初めて解く時はにはまだ十分学習内容が定着してないので、自力で解くことや
参考書を調べながら解くことに時間をあまりかけないことです。
この時点では少し考えてわからない問題は答えを見ながら問題を解いて、
2回目以降の解き直しによる暗記の作業に十分な時間を費やします。(これがポイント)

問題集にいきなり書き込まないで、最初にコピーを何枚かとっておいて
全問正解するまで繰り返します。学校の課題は全問正解する自信が出来てから
書き込みます。

次に2つ目の問題集を準備して同じ分野で異なった形式の問題を解きます。
これも繰り返し解いて全問正解に近づけます。
さらに
意味➡語句 タイプの問題でなく
語句➡意味 タイプの問題と解きます。
語句から内容を詳しく説明したり、関連事象を樹形図でまとめたりします。
このあたりで参考書を使った勉強を行います。

記述問題もある程度はパターンがあるので繰り返し演習で
大部分の問題は解けるようになります。
とにかく手をつけた問題集が全問正解できるように繰り返し解きます。

最近、中学入試や高校入試でよく取り扱われている資料の読み取りを使った
記述式スタイルの問題については
少しサポートが必要なものがあるかもしれません。
これはふたば塾の得意とするところです。資料の読み取り方や
解答のポイント解説を書かせ、正しい解答が書けるまで繰り返し解きます。

一度に多くのことは覚えられないので、
1日に30分ずつでも少しずつ覚えて
繰り返すことが知識を確実に定着させる上で非常に大切です。

”継続は力なり”

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256