こんにちは。

ふたば塾では先週から面接(口頭試問)指導を始めました。
おそらく、学校やほかの塾では受験の数週間前からの
準備になると思います。

最近では、中学受験・高校受験・大学受験共に
面接や口頭試問タイプの試験が取り入れられていることが
多いので対策が重要です。

公立高校の特別入試になると倍率が2~4倍くらいになるので
不合格者が合格者より多い数になります。
内申点・筆記試験・面接(口頭試問)で非常に厳しい競争になります。
合否ラインは総合点で1点2点を争うことになります。
筆記試験の科目数が少ないので、面接(口頭試問)のウエィトがとても大きいですね。

競争率2~4倍の意味は
もし2~4名のグループ面接(口頭試問)を行った場合
そのグループの1番の人だけ合格。残りの人は全員不合格
基本的に落とすための試験になります。

ふたば塾では面接(口頭試問)も得点源にしようとサポートします。
話す内容についても塾生と一緒に吟味して
2~4名いれば1番がとれるように指導します。
これを達成しようとするならば、付け焼刃では到底無理です。
自分が残りのライバルを明らかに凌ぐクオリティが必要です。
模範解答を暗記して行ったのでは到底無理です。

考えてみてください。
面接官はたくさんの受験生と面接するので単なる模範解答では
”ああ、また同じような答えだな”と思います。
極端な話をすると高倍率の競争では、他の人と同じような受け答えを
していては負けになります。何か自分を光らせる必要があります。

そこで今から余裕を持って面接練習を行います。
他の受験生ならおそらくこのように答えるだろうと
想定し、明らかにライバルを凌駕する準備を行います。

面接(口頭試問)なんて何を聞かれるか
わからないから多くの時間をかけても無駄じゃないか?
そんなことはありません。
質問内容が具体的にわからなくても傾向はありますし、
面接(口頭試問)の考え方(目のつけどころ)・答え方・切り返し方のセオリーがあります。
対策を考えること自体も重要です。
勝ち抜く人は誰が見ても明らかに違いますよ。
受け答えが抜群に光ってます。完璧な準備をしています。

また、高校入試以降の人気大学の自己推薦やAO試験なら10倍~、
就職試験の人気企業なら100倍~の面接試験を勝ち抜く必要があります。
攻略本やインターネットの情報だけで参加しているようでは
もはや対策とは言えませんね。残念な人になってしまいます。
大学以降や社会人になるとプレゼンテーション能力の勝負になります。

ふたば塾では直前の教科指導・受験指導と共に
それらを通じて塾生さんたちの先のステージでも役に立つような
指導も取り入れています。

岡山市中区原尾島の学習塾 ふたば塾
086-230-0256