岡山 原尾島の塾 受験塾 進学塾ならふたば塾 5教科すべてに強い1対1個別指導塾 演習指導塾 少人数指導塾   岡山県の国立/県立中学受験・私立中学受験・岡山県立高校受験・私立高校受験・大学受験対策対応  小中高生/既卒生の復習・先取り授業対応  定期テスト・自己診断テスト対策 他塾の補習・サポート授業対応の学習塾

覆面講師Tの『つれづれならぬ日々』③ Vol.3

  • HOME »
  • 覆面講師Tの『つれづれならぬ日々』③ Vol.3


【健さんとの邂逅編~vol.3~】


こんにちは。覆面講師のTです。

 

いやあ、大変ご無沙汰しておりました。
そして、当ブログのディープな読者の皆様、
大変お待たせ致しました。

 え?
そんな奴いないって?
まあまあ、そこは・・・(目泳ぐ)

 まあ、この二ヶ月近く、
講師業以外にも何かと忙しくて、なかなかね、
書く暇がなかったんですよ。
ただ、それだけ。

間違っても、
ジャーナリスト某氏の如く、
中東の方に「自己責任」とやらで取材に行って、
反政府ゲリラとかに拘束されてたわけじゃないのでご安心を。

 で、前置きがあまり長くなると、
理系講師M先生からまたまたお褒めのお言葉を頂いてしまいますので
(もちろん皮肉です)

さっさと本題に入らせていただきます。
えーと、前回、どこまでお話ししましたっけ?

あ、そうそう、たしか、
伯備線の車内で若かりし頃のT青年を振り返っていたあたりでしたね。

 まあ、その車中、
7月の豪雨災害の爪痕も生々しい沿線の風景
(窓の外された家々や、
一階ががらんどうとなった家とかたくさんありました)とか、
まだ完全にクールダウンしてない高梁川の荒々しい流れなどボーっと眺めつつ、
過去の赤面体験を振り返っているうちに、
やっと電車は備中高梁駅に到着したのでした。

 この高梁という町、
思えば、小生が駅に降り立つのは30数年ぶりであります。
たしか、当時は「きびの郷ワンダーランド」なんて名の遊園地があって、
家族で行った記憶がありますが、
四半世紀以上の時を経た今、
駅周辺を見渡してみても、当時の面影なんてまったく残っていません。

 追憶の中の木造平屋建ての駅舎は、
いまや山手線か中央線の駅かと見紛うような近代的な駅舎に生まれ変わっていて、
なんと、図書館まで併設されいるではあーりませんか。
しかも、その図書館入り口には、
あのスタバまである始末で()

 やるじゃん、高梁市長。

まあ、このツタヤ図書館、第一号となった佐賀県武雄市の図書館と同様、
いろいろ賛否両論はあったようですが、
少なくとも利用者はみんな満足そうな顔してました。
今や、市外からもこの図書館を目当てにやってくる人もいるとか。
それだけ訴求力があったということです。

 ましてや、スタバなんて岡山でも表町とかで小洒落たカップルで行くイメージで、
小生にはなかなかハードルが高いのです。
なんせ、小生、東京でリーマンやってた
(といっても、専門職でしたので、
時間の拘束はかなりルーズでした)頃は、
職場を抜け出しては喫茶ルノアールとか喫茶マイアミに入り浸り、
「レイコー、ヤーさん」(もちろん、「アイスコーヒー、野菜サンド」の意味です、
念のため)と昭和風注文方法で通していた身なので、
スタバなんて注文の仕方がよく分かりません。

ショート? トール、グランデ? 何じゃそりゃ()

 もうね、面倒くさいので、レジのお姉さんに
「あのお、アイスカフェオレってどれですかのお?」と
田舎のあーさん丸出しで聞いてしまいました。

お姉さんの反応はどうだったかって?
はい、またまた「変人警戒センサー」発動ですよ、もちろん。
(何のことだか分からない人は、前回のコラムvol.2を読んでくださいね)

 でもね、それでもなんとか
「アイスカフェオレ」(あくまで自分の中ではカフェオレなんです)
スタバでゲットして、
図書館の上の階の窓際の閲覧席に
持ち込んで(そう、ここでは図書館に飲み物の持ち込みOKなんです)
外を眺めると、
非日常的な至福の時間が始まります。

 そもそも、この備中高梁という町、
図書館の上の階の閲覧席から市街地を
一望できるようになっているのですが、
町の雰囲気がなんともいい。

駅前に大通りが伸びていて、
その先には高梁川が悠然と流れていて、
橋を渡れば山がすぐに迫ってくる。
その先の方には、あの「天空の城」まである。

 まさに、『セカチュー』の雰囲気そのものじゃないですか。
町の雰囲気に取り憑かれてしまったTは、
本日の目的がその後に控えていることも忘れて、
昼飯も兼ねて駅前探索へと出たのでした。

 そこで20年前の返り討ちに遭うことも知らずに・・・

 ということで、
長くなりそうなので、話の続きはまた来週。

ああ、今回もまた本題には入れませんでした(トホホ)

 

 

 

 

 

 

 

ふたば塾へのメールでのお問合せは24時間受付中 info@futaba-juku.jp TEL 086-230-0256 受付時間 9:00 - 20:00

  • facebook

月別ブログ

ブログ内容分類

年別アーカイブ

日本漢字能力検定

PAGETOP
Copyright © ふたば塾 All Rights Reserved.
PAGE TOP